えら削り術後2週間

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。本日はえら削りのモニターさまのご紹介です。

当院の輪郭形成術はダウンタイムがとても短いのが特徴なのですが、百聞は一見にしかず、術後2週間後のお写真をご覧いただきます。

era2018-10-9I.jpegera2018-10-9H.jpeg

era2018-10-9G.jpeg

いかがでしょうか。

このモニターさまの場合下顎骨体部プラス角部削りという手術内容となります。

まだ術後2週間目ですのでこれでもまだ腫れが残っている状態ですが、この程度の腫れでしたら日常生活には全く支障はないと思います。

ちなみにこの手術のリスクは腫脹、疼痛、しびれ、口角炎、出血、感染、などです。

施術料金はこの内容でお支払総額約101万円となります。

若返りフェイスリフト

こんにちは。浅古です。

本日ご紹介するモニターさまは先日フェイスリフトのお手術をお受けになった50代の患者様です。

まずはお写真から。

【術前】

fl2018-5-23a.jpgのサムネイル画像

そして【術後】

fl2018-5-23b.jpg

頬のもたつきがなくなって輪郭がシャープになっている様子がわかると思います。10歳以上若返ったのではないでしょうか!!

また、この患者様は手術による頬のリフト(切開手術)に加えて中顔面のミントリフト(糸リフト)も併用しておりますので中顔面もすっきっりと持ち上がっている様子がお分かりいただけると思います。

当院ではお顔のリフト(切開手術)の特長は何と言ってもナチュラルな仕上がりと抜群の引き上げ効果にあります。

もちろん切開式のお手術ですのでダウンタイムも1週間程度はありますが、お受けいただく価値は十二分にあると思います。

ちなみにミントリフト(糸リフト)だけでしたらダウンタイムはほとんどありませんのでプチ整形感覚でお受けいただくことができます。

患者様おひとりおひとりのお顔のたるみの状況とダウンタイムをとれるかどうかのご事情に合わせて最適なメニューをご紹介しております。